涙やけ対策にはどんなドッグフードを選べばいい?

何度拭き取っても、シャンプーをしても、カットスタイルの工夫をしても改善しない愛犬の涙やけは、ドッグフードを切り替える事で改善が見られることもあります。実は、愛犬の脂肪分摂取過多が原因の場合があるからです。脂肪分を過剰に摂取してしまうと涙腺がつまり涙やけになる他にも脂漏症や外耳炎など様々な不調をもたらします。気になる症状がある場合は、まず食事の見直しから始めてみましょう。

涙やけが起こる原因

涙やけは、何らかの理由で涙がうまく輩出できず、目の周辺に涙があふれてしまうことで起こります。あふれた涙によって被毛が変色するため、涙やけは白色の被毛の犬に多いと思われがちですが、実際には犬の被毛に限らず発症しています。ただ白色の被毛の場合着色が目立ち、症状を発見しやすいというだけです。涙やけの原因である「涙があふれ続ける」状態が起こるには、先天的な理由と後天的な理由があります。

犬種や体質など先天的なもの

トイプードルやチワワなどの目が大きい犬種や、鼻が短い犬、涙管という涙の通り道が細い犬は涙やけになりやすくなります。遺伝で涙やけになりやすい体質の子もいるため、まずは動物病院に行って原因を特定してもらいましょう。

老廃物が溜まる

涙がうまく輩出されないことの原因に、体の中に老廃物が溜まりすぎてしまうことが挙げられます。体の中で老廃物がうまく代謝されないと、たまった老廃物が涙を排出する涙管に詰まってしまいます。管が詰まれば涙がうまく輩出されず、目の周辺に流れ出てしまって涙やけとして現れるのです。

老廃物はストレスや栄養バランスが偏った食事によって、体の調子が悪くなるとうまく輩出されず溜まりやすくなります。

眼球への刺激

涙は刺激や異物から眼球を守るために分泌されます。不衛生な環境で生活をしていると、眼球にゴミや異物が付着しやすくなります。その結果、ゴミを洗い流すために涙の量が増えてしまい、涙やけの症状が出てしまいます。他にも抜け毛やヘアスタイル、まつ毛などで絶えず眼球が刺激されていることもあります。

これらが原因の涙やけの場合は、犬の生活環境を変えてあげましょう。こまめに部屋の中を掃除し、目のゴミや目やには拭き取ったり目薬を利用したりして目を清潔な状態に保ちます。そのうえで、トリミングで目元の無駄な毛をカットしてあげましょう。目はとてもデリケートな部位で、愛犬が触れられることを拒むこともあります。安全のためにも犬に無理強いをすることなく、トリマーや動物病院に相談をしましょう。

目の病気

結膜炎や角膜炎など目の病気が原因で涙が出やすくなり、その結果涙やけになってしまっていることもあります。目が充血や眼球が白く濁るなど、涙以外になんらかの異常がみられる場合は、すぐに病院にいきましょう。

ドッグフードで涙やけを防止する

食事を改善することで涙やけを大きく改善することができます。実は、涙やけはドッグフードに影響されているケースは非常に多いのです。

脂質が過剰ではないフードを選ぶ

脂肪を過剰に摂取してしまうと代謝に負担がかかり、老廃物が溜まりやすくなってしまいます。質の悪いドッグフードの中には、動物性脂肪を用いてフードに美味しそうな香りをつけることで、嗜好性を高めている製品があります。このようなフードを食べ続けていると脂肪の過剰摂取になってしまい、結果的に涙やけを起こしてしまう可能性も否定できません。

市販のドッグフードのパッケージには原材料表示と合わせて成分表示という欄があります。この欄に配合されている脂肪分のパーセンテージが記載されています。ドッグフードを切り替える時は、今与えているドッグフードの脂肪分より低い割合で脂肪分が配合されている製品を選んであげましょう。

栄養バランスが取れているフード

脂肪の他にも、タンパク質の摂り過ぎによっても涙やけが起こってしまうことがあります。動物性タンパク質は犬の食性に合っているため多く摂取すべき栄養ではありますが、過剰に摂取してしまうと、やはり体の調子が悪くなってしまいます。

栄養バランスが取れたフードを選びましょう。目安としては、タンパク質23~27%、脂質15~18%、ミネラル(粗灰分)7%です。大切なのはひとつの栄養素が飛び抜けて多く配合されているものではなく、必要な栄養素がバランスよく配合されていることです。

添加物が過剰に使われていない

ドッグフードに使われる保存料や着色料、香料などの添加物は、犬の体にとっては異物です。添加物は徐々に体に蓄積され、体の不調や病気などを引き起こす原因となります。涙やけも例外ではありません。

栄養成分表をしっかりと見て、余計な添加物が使用されていないかを確認しましょう。

健康に良いフードを選ぶことが予防のカギ

病気や体質が原因ではない涙やけは、ドッグフードを変えることで予防や改善することができます。予防接種のように涙やけを直接予防できるようなフードはありませんが、犬が健康に生活できるフードを選んであげれば、自然と予防することができるでしょう。

すでに涙やけに困っている飼い主の方は、与えるフードを変えてみてはいかがでしょうか。体質が改善されるまでには3カ月~半年程かかります。早期の改善を焦ることなく丁寧に体質の変化を見てあげましょう。