無添加ドッグフードとは

ドッグフードのパッケージに無添加という表示がされている事が今や当たり前ともいえます。無添加という表示がある事で、製品への安心感が増し、愛犬の健康への配慮がされていると受け取ります。でも実際には、何が無添加なのかまでしっかりと考えてあげる事が大切なことです。

無添加=添加物0というわけではない

ドッグフードの安全性が注目される中で、無添加という言葉が多用されるようになりました。この表示を見ると多くの飼い主が製品への安心感を覚えるという事もあり、多くのメーカーがこの表示を取り入れています。
しかし、ここで必ず確認をしなければならないことは、何が無添加なのかという事です。そもそも添加物には

  • 保存料
  • 着色料
  • 食欲増進剤

などがあります。無添加という表示があるかといって、上記の全ての添加物が全く含まれていないとは限りません。愛犬の健康に好ましくない成分のうち1種を無添加なのか、それともすべてが無添加なのかで「無添加」の意味合いは大きく変わります。

中には人工的なビタミンやカルシウムの添加を行わないという意味での無添加もあります。
ドッグフードを選ぶ時は、必ず原材料表示を確認し、愛犬の健康に好ましくない成分がすべて無添加であることを確認してあげましょう。

無添加であることのメリット

ここでは、愛犬の健康に良くない成分や危険な添加物は使われていない、という意味での無添加ドッグフードのメリットを紹介します。

添加物によるアレルギーの発症を防げる

化学合成された添加物は体内で消化されず、うまく輩出されないと体に蓄積されてしまいます。この添加物の蓄積がアレルギーを引き起こします。肉や穀物などドッグフードの材料となる食材ばかりがアレルギーの原因だと思われがちですが、実は添加物もアレルギーの原因になるのです。

さらに恐ろしいことは、添加物による影響は生まれてくる子犬にも遺伝する恐れもあることが指摘されています。母犬が添加物アレルギーを持っているなら、その子犬も添加物でアレルギーが出てしまう可能性があるのです。

添加物が含まれていないドッグフードは、添加物が原因のアレルギーを防ぐことができます。もちろん食べ物が原因のアレルギーは防ぐことができませんが、今後添加物が原因のアレルギーが発症するリスクは減ります。

癌などの病気になるリスクが減る

犬の健康に好ましくない素材が無添加の製品を選ぶことは、将来の病気の予防に繋がるという大きなメリットがあります。

保存料や着色料の中には、人間への発癌性や有害性がすでに明確になっている成分もあります。しかし、犬に対してはあくまでも可能性の範囲であり、微量であれば有害ではないとする見解もあります。そのため人間の食品には決して使用されることの無い危険な成分が犬の食事には使用されているのです。これらの成分は次第に犬の体内に蓄積され、数年の期間を経て癌や様々な疾患を引き起こします。

危険な添加物が使われていないドッグフードならば、少なくとも添加物が原因で起こり得る重篤な病気を防ぐことができます。

原料の質にもこだわっている

保存料や酸化防止剤などの添加物を使用しないでドッグフードを作る場合、肉や野菜など原料の質が悪ければ高品質のドッグフードを作ることはできません。そのため、無添加ドッグフードは原料の質にもこだわって作られていることが多いです。

野菜ならば無農薬、動物の肉なら人間が食べられる質のものなどが使用されます。危険な添加物が含まれていないうえに、原料の質も良いならより安心です。

無添加であることのデメリット

無添加のドッグフードにもデメリットはあります。ですが、デメリットがあるからといって無添加ドッグフードの購入を断念してしまうのは得策ではありません。メリットとデメリットを見比べてからにしましょう。

値段が高め

品質にこだわって作られている以上、無添加ドッグフードは一般的なドッグフードよりも値が張ります。メーカーによって値段はことなりますが、通常のドッグフードが1kg1000円以下で買えるとしたら、無添加ドッグフードは1kg2000円以上するものがほとんどです。およそ2倍です。

子犬からシニア期まで無添加ドッグフードのみを与え続けるとしたら倍以上の金額になります。無添加ドッグフードの購入はお金がかかるということを肝に銘じておきましょう。

保存期間が短い

無添加ドッグフードは、危険な保存料の代わりに自然由来の保存料が使われています。自然由来の添加物は危険性が低いですが、危険な添加物のより品質を保持する力が弱いのです。そのため、一般的なドッグフードよりも賞味期限が短めに設定されています。

長期間の保存ができないため、まとめ買いには向きません。開封後もフードの劣化が早く進んでしまう可能性もあるため、保管にも注意が必要です。賞味期限内に食べきるためにも、フードの品質を損なわないためにも、無添加ドッグフードは早く使い切らないといけません。

何が無添加なのかの見極めが大事

繰り返しになりますが、無添加を謳っているドッグフードは100%添加物が含まれていないというわけではありません。購入する前に何が無添加なのかをよく確認しましょう。

安全なドッグフードを選ぶには、有害性が指摘されている添加物が使われているドッグフードは避けましょう。危険な添加物が含まれていないフードならば、アレルギーや病気になるリスクは大きく下がります。

愛犬が日々接取する食事は、安心、安全を絶対条件にしっかりと選んであげましょう。

参考
ドッグフードの添加物がないもの
http://www.tibettibet.jp/tennkabutu.html
無添加ドッグフードのメリット
http://www.thehockeypuck.com/additivenotused.html