ドッグフード選びの基準とは

ペットショップの店頭やネットショップと益々ドッグフードのアイテム数が増える中で、どのように愛犬に合うドッグフードを見つけるべきか悩むことでしょう。愛犬のドッグフード選びは、基本のルールを守りつつ年齢や好み、予算に合わせて選んであげましょう。

ドッグフード選びの基準

ドッグフードを選ぶ時、原材料表示欄を確認する方が最近増えています。愛犬の健康思考の高まりを受け、これまで以上にドッグフードの安全性への関心が高まっている証です。でも実際には原材料表示欄には専門用語やアルファベットの略語も多くなかなかすべての成分について把握することが難しいものです。その為、必ず確認すべき基準をしっかりと守る事を基準に考えておくとよいでしょう。

原材料表示の先頭項目が動物性タンパク質であること

犬が最も多く接取すべき栄養素は動物性タンパク質です。原材料表示欄は、配合比率の高い順に記載する義務があるので先頭項目に記載されている成分が最も多く配合されているという意味です。必須となる栄養素が何番目に記載されているかで、ドッグフードの栄養バランスを見極める事が出来ます。

アレルギー発症リスクの高い素材の配合がないこと

トウモロコシや大豆はアレルギーを引き起こしやすい原料です。こういった原料によるアレルギー発症リスクが注目された事で、記載方法をコーンミールやパウダーという様に工夫した製品が増えています。ですが、すべて元は同じトウモロコシで、アレルギー発症リスクが高いため、与えるうえで注意は必要です。

着色料不使用であること

着色料を使用した場合、赤色、黄色という名称が記載されます。着色料は、長年接取し続けることで癌や様々な不調を引き起す原因とも言われています。

犬は見た目で食べられるか否かを判断するわけではないため、犬の食事に着色をする必要は全くありません。むしろ、着色料は飼い主である人間のために使われています。美味しそうな色を出すために着色料を使うことによって、飼い主がフードを買いやすくしているのです。

発がん性のあるものが不使用であること

着色料の他にも保存料として使用されるBHA,BTAという成分も発癌性があり非常に危険だと指摘されています。BHAやBTA、エトキシキンといった酸化防止剤は使用量の上限は設けられているものの、使用することは可能です。また、この他の危険な添加物については上限設定すらされておらず、野放しの状態となっています。

安全、安心なドッグフードを選ぶには

ドッグフード選びで、原材料と合わせて気になるのは価格です。国産、輸入品と数あるドッグフードの中から、どの程度の価格帯が安全な基準をクリアしているのか見極めるのはなかなか難しいものです。このような時、愛犬の給餌量から一食分の食費を算出してみましょう。中には一食数円、数十円という製品も多数あります。あまりにも安価に済む場合は、価格に見合った安全性という意味だと理解してみるとよいでしょう。